インプラント・矯正/蓮田市の地域の歯医者/土曜診療/蓮見歯科医院

蓮見歯科医院

お気軽にお問い合わせください。WEBからのご予約は24時間受付中!
ご予約
0120-25-2520
お問合せ
0120-25-2520

[月〜水・金] 9:30~12:30 / 14:30~20:00
[第1・3 土] 9:30~12:30/ 14:30~18:00
[第2・4 土] 8:30~12:30/ 14:30~17:00
[休診日] 木・日・祝

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒349-0111 埼玉県蓮田市東5-9-8
いずみやビル4F
「蓮田駅 東口」から徒歩1分/駐車場7台完備

診療について

受付時間 
 [月・火・水・金]
   9:30~12:30
 14:30~20:00
 [第1・3 土]
   9:30~12:30
 14:30〜18:00
 [第2・4 土]
   8:30~12:30
 14:30〜17:00
休診日
木・日・祝

インプラントはやめたほうがいいのか?判断ポイントについて解説

2022年11月10日
インプラントはやめたほうがいいのか?判断ポイントについて解説

こんにちは。蓮田市にある蓮見歯科医院です。

インプラント

みなさんは「インプラントはやめたほうがいい」と聞いたことはありませんか。インプラントを検討中の方は「やめたほうがいい」といわれる理由が気になると思います。

一方、インプラントは機能面・審美面とともに違和感が少なく、メリットの大きい治療法ともいわれています。歯を失いインプラントを選択したら、実際どのような影響があるのか知りたい方は多いでしょう。

そこで本記事では「インプラントはやめたほうがいい」といわれる理由とインプラントをするか判断するポイントを解説します。インプラントを検討中の方はぜひ、参考にしてみてください。

インプラントとは?

 インプラント   

インプラントは、身体に埋め込む人工物の総称です。

歯科に使われるインプラントは「デンタルインプラント」が正式名称となります。昨今、歯科用インプラントが身近な存在となり、インプラント=歯のインプラントと認識することが一般的になっています。

インプラントは、失った歯を補う治療法の一つです。失った歯の顎の骨に、歯の根っこの代わりとなる人工のネジ(インプラント体)を埋め込み、その上に被せ物をかぶせます。入れ歯やブリッジと異なり、隣接や周囲の歯を削ることなく治療可能で、審美性に優れているので仕上がりが自然です。また、顎の骨を土台としているので天然歯と同じような噛み心地で違和感なく食事できます。インプラントは、歯を失った際の治療法として入れ歯やブリッジと並ぶ「第三の治療法」として確立されており、選択される方も増加傾向にある治療法です。

インプラントはやめたほうがいいと言われる理由

悩んでいる女性

インプラント治療をおこなう方は増加傾向にあります。

しかし、一方で「インプラントはやめたほうがいい」という話を聞いた方もいるでしょう。なぜ「やめたほうがいい」といわれているのか、インプラントを検討中の方にとって気になるポイントになると思います。

「インプラントはやめたほうがいい」といわれる理由は、以下の6つが考えられます。

  • ・外科手術が必要
  • ・まれに体質に合わない場合がある
  • ・治療費が高額
  • ・顎の骨が少ない方は追加で治療が必要
  • ・治療期間が長期間にわたる
  • ・定期メンテナンスに通う必要がある

以下に解説していきます。

外科手術が必要

インプラントは、手術が必要な治療法です。入れ歯やブリッジは手術が必要ない治療法なので大きく異なる点といえます。

インプラント手術は、歯茎を切って顎の骨にネジを埋め込みます。麻酔をするので手術中に痛みを感じることは、ほぼありません。

しかし、もともと歯科治療が苦手な方にとって、他の治療と比較すると恐怖やストレスを感じやすいといえるでしょう。また、体にも多少の負担がかかるので、80代以上の方や基礎疾患をもっている方はインプラント治療を断られる可能性があります。

まれに体質に合わない場合がある

インプラントは、顎の骨に歯の根となる人工のネジ(インプラント体)を埋め込む治療法です。通常、顎の骨とインプラント体は時間の経過とともに結合し固定されます。

しかし、なかには顎の骨とインプラント体がうまく結合しない体質の方が存在します。インプラントが結合しない場合は、別の治療法を選択せざるを得ないので、そのリスクからやめたほうがいいと感じる方もいるでしょう。また、インプラント体は金属アレルギーが出にくいチタン・チタン合金を使用している場合がほとんどですが、まれにアレルギー症状を起こす方がいます。

昨今では、金属を使用しないジルコニア製のインプラントもあるので、金属アレルギーに不安がある方はジルコニア製のインプラントを取り扱うクリニックを探すのも一つの手段として有効です。

保険適応外で治療費が高額

インプラントは、保険適応外の自由診療です。治療費は全額自己負担なので、保険適応の入れ歯・ブリッジと比較すると高額な治療になります。

インプラントの費用相場は一本あたり30〜40万円です。一括で高額な費用を支払う必要があり、経済的負担が大きい点がやめたほうがいいといわれる理由の一つとしてあげられるでしょう。

総額は変わりませんが、歯科クリニックによっては、クレジットカード払いやデンタルローンなどの分割払いに対応している場合もあります。費用面で不安がある方は、クリニックに一度相談するといいでしょう。

顎の骨が少ない方は追加で治療が必要

インプラントをおこなうには、支えとなる顎の骨に十分な硬さ・厚み・深さが必要です。

しかし、加齢や歯周病・重度の虫歯・長期間の入れ歯の使用などで顎の骨が不十分な場合、インプラントの手術ができない可能性があります。顎の骨が不十分な場合でも、顎の骨の量を増やす「骨造成術」をおこなえば十分な骨の量を確保できるので、インプラントすることが可能です。

ただし「骨造成術」は保険適応外の自由診療なので、インプラント費用に骨造成術の費用も加わると経済的負担がさらに大きくなってしまいます。また、骨造成術をおこなうと治療期間も長くなるのが一般的です。

治療期間が長期間

インプラントの治療期間は3か月〜1年が目安といわれています。保険適応のブリッジ・入れ歯の治療期間は、1〜3週間が目安です。そのため、早く治療を終わらせたい方にとっては、やめたほうがいい理由になるでしょう。

インプラント治療は、人工のネジ(インプラント体)を顎の骨に埋め込む手術が必要です。手術は1日で終わりますが、被せ物を入れる前にインプラント体と顎の骨が結合するのを待たなくてはいけません。この待機期間が、インプラント治療を長期化させる理由になります。

インプラント体と顎の骨の結合にかかる期間は、2〜6か月が目安です。また、顎の骨の量が不十分で骨造成術をおこなう場合は、さらに治療期間が長くなるでしょう。

定期メンテナンスに通う必要がある

インプラントは、治療完了後のケアで寿命が大きく左右されます。

インプラントを長く使い続けるには、歯科医院の定期メンテナンスが必要不可欠です。定期メンテナンスは、インプラントやインプラント周囲の組織に問題が起きていないかなど「確認」を目的としています。また、ハブラシが当たっていない部分の歯磨き指導や歯石・着色取りなど、口内全体の環境を整えるサポートもおこないます。

ただし、定期メンテナンスは、3〜6か月の間隔で通うように指示されるケースが一般的です。通院を面倒に感じる方にとって「インプラントはやめたほうがいい」となる理由になるでしょう。

インプラントをするか判断するポイント

ポイント

インプラント治療は、人によってはやめたほうがいい場合があります。自分自身がインプラントをやめたほうがいいケースに該当するのか判断に迷う方は実際に多いです。インプラントするか判断するポイントは以下の2つです。

  • ・治療に対する優先度を決める
    ・信頼できる歯科医院や歯科医師がいる

詳しく解説します。

治療に対する優先度を決める

歯を失った際の治療法として挙げられるのは「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3種類です。治療法を選択する際には、何を優先させたいのか明確にしたうえで検討するといいでしょう。

治療に対する考え方は「見た目が美しいものがいい」「とにかく安く済ませたい」など、一人ひとり異なります。そのため、周囲から勧められた治療がご自身にあっているとは限りません。優先順位を明確にせずに治療を選択すると「望んでいた仕上がりと実際の仕上がりが違った」「治療費が想像以上に高額だった」など後悔するリスクが高くなります。

信頼できる歯科医院や歯科医師がいる

インプラント治療は、専門的な知識が必要となる治療方法です。歯科医院・歯科医師によって技術力に差が生じやすいといえます。そのため、インプラント治療を検討する際には、多くの症例を経験している実績ある歯科医院・歯科医師のもとで治療を受けることをおすすめします。

インプラントは、治療完了後も定期メンテナンスが必要です。歯科医院・歯科医師と長い付き合いになるので、不安や疑問を相談しやすいかどうかもポイントです。インプラント治療をおこなっている歯科医院では、無料相談を実施しているケースが多いです。実際に相談に行き歯科医院や歯科医師の雰囲気を確認するといいでしょう。

まとめ

インプラントの相談

インプラントは、入れ歯やブリッジとならんで「失った歯を補う治療法」の一つです。インプラントは、保険適応外の自由診療になるので費用が高額となります。また、外科手術が必要で、治療期間が4か月〜1年と長期間で、治療完了後は定期メンテナンスに通わなくてはなりません。そのため、人によってはインプラントはやめたほうがいいと判断する場合もあるでしょう。

インプラントすべきか判断するポイントは、治療に対する優先順位を決めると明確になります。インプラントをするメリットが大きいと判断した際には、信頼できる歯科医院・歯科医師を探すためにも、実際に気になる歯科医院に足を運んでみてはいかがでしょうか。

インプラントを検討していたり疑問がある方は、蓮田市にある蓮見歯科医院にお気軽にご相談ください。

 

蓮見歯科医院に お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
お問合せ
0120-25-2520

〒349-0111 埼玉県蓮田市東5-9-8 いずみやビル4F

「蓮田駅 東口」から徒歩1分/駐車場7台完備


受付時間
 9:30~12:30
14:30~20:00
 14:30~18:00

土曜日午後の診療について 第2・4土曜日 14:30〜17:00 になります。

   [休診日]   木・日・祝

PAGE TOP