• お電話
  • 予約
予約/お問い合わせ

インプラント・矯正/蓮田市の地域の歯医者/土曜診療/蓮見歯科医院

蓮見歯科医院

お気軽にお問い合わせください。WEBからのご予約は24時間受付中!
ご予約
0120-25-2520
お問合せ
0120-25-2520

[月〜水・金] 9:30~12:30 / 14:30~20:00
[第1・3 土] 9:30~12:30/ 14:30~18:00
[第2・4 土] 8:30~12:30/ 14:30~17:00
[休診日] 木・日・祝

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒349-0111 埼玉県蓮田市東5-9-8
いずみやビル4F
「蓮田駅 東口」から徒歩1分

診療について

受付時間 
 [月・火・水・金]
   9:30~12:30
 14:30~20:00
 [第1・3 土]
   9:30~12:30
 14:30〜18:00
 [第2・4 土]
   8:30~12:30
 14:30〜17:00
休診日
木・日・祝

インプラント手術後の痛み | 正常な痛みと注意が必要な痛み

2023年12月16日
インプラント手術後の痛み | 正常な痛みと注意が必要な痛み

皆さん、こんにちは。蓮田市にある蓮見歯科医院です。

インプラント治療で歯が痛い女性

インプラントは、失った歯を補う治療です。顎の骨に人工歯根を埋め込んで歯根から補うため、非常に自然な噛み心地を得られます。

しかし、手術を伴う治療なので、痛みに不安を覚える方もいるのではないでしょうか。術後に痛みが続くと「痛みがあるけど問題ないの?」「痛みを和らげる方法は?」と思うでしょう。

今回は、インプラント手術後の痛みに関して解説します。正常な痛みと注意が必要な痛みの特徴や、痛みの対処法も詳しく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

インプラント治療中は痛みがある?

歯が痛くて頬を押さえる女性

インプラントでは、歯茎を切開して顎の骨にドリルで穴をあけて、人工歯根を埋入します。外科手術を行うので、インプラント治療は痛みを伴うことが多いです。

しかし、手術中は局所麻酔を使用するため、痛みはほとんど感じません。穴をあける振動などが伝わることで違和感を覚える方は多いですが、治療中は痛みを感じないでしょう。

手術後は、痛み止めや抗生物質が処方されます。麻酔が切れたあとや、手術翌日には痛みや腫れが発生するでしょう。

処方された、痛み止めでコントロール可能で、日常生活に大きな支障をきたすことは多くありません。

また、術後の痛みや腫れは、手術に伴う自然な反応です。通常は数日間で自然に軽減します。

インプラント手術後の正常な痛みとは?

インプラント手術

インプラント手術後は、基本的には痛みが生じるでしょう。痛みが生じると予想される場合は、痛み止めを処方するのが一般的です。

痛み止めを服用して軽減される場合は、正常な痛みといえます。術後2〜3日をピークに、徐々に落ち着く場合も心配しなくてよいでしょう。

インプラントの手術で起こりやすい痛みを確認しましょう。

骨造成後の痛み

インプラント治療において、適切な骨の量が不足している場合、骨造成が必要となることがあります。骨の量を増やすために、人工骨や患者さまご自身の骨を使用します。

詳しい方法は術式によって異なりますが、顎の骨に作ったスペースに人工骨や自家骨を入れて、骨が増えるのを待つのが一般的です。手術を行うので、術後数日間は痛みが続くでしょう。

上述したとおり、痛み止めでコントロールできる場合や、2〜3日をピークに徐々に痛みが和らぐ場合は、特に心配する必要はありません。

インプラント埋入手術後の痛み

顎の骨に人工歯根を埋め込む手術のあとも、痛みが生じるでしょう。歯茎の切開や顎の骨の切削を行うので、痛みは避けられません。

手術中は局部麻酔を使用するので痛みませんが、麻酔の効果が切れると痛みを感じるのが一般的です。骨造成後の痛みと同様に、痛み止めでコントロールできる場合、徐々に痛みが和らぐ場合は、過度に心配する必要はありません。

インプラント手術後の異常な痛みのサインとは?

インプラント手術後に歯が痛い女性

インプラント手術後は、身体の正常な反応として痛みが出ることがあります。

しかし、注意すべき異常な痛みも存在します。どのような痛みは異常なのか知ることで、インプラントのトラブルを防げるでしょう。

インプラント手術後の異常な痛みのサインをご紹介します。

以下のような状態のときは、感染症にかかっている可能性や、インプラントと顎の骨の結合がうまく進んでいない可能性があります。異常を感じる場合は、早急に歯科医院に相談しましょう。

痛み止めを服用しても軽減されない

インプラント手術後は痛み止めが処方されます。基本的には、痛み止めを服用すれば日常生活には支障をきたさない程度に痛みが軽減されるでしょう。

しかし、痛み止めを服用しても痛みが軽減されないケースが存在します。手術後の回復過程に、何らかの問題が生じている可能性があるので注意が必要です。

口腔内の組織が過剰に反応している可能性や、ほかの健康問題が原因で痛みが増強されている可能性もあるので、速やかに歯科医師に相談しましょう。

1週間以上痛みが続く

インプラント手術後の痛みは、2〜3日をピークに1週間程度で徐々に軽減します。1週間では痛みが残る場合もありますが、痛み止めを服用しなくても過ごせる程度のことが多いです。

手術から1週間以上経過しても痛みが続く場合は注意しましょう。手術部位に異常な炎症が起こっている可能性や、細菌に感染している可能性が非常に高いです。

時間の経過とともに悪化する

通常、インプラント手術後の痛みは術後2〜3日をピークに徐々に軽減します。時間の経過とともに痛みが悪化する場合、通常の回復過程で生じる痛みではない可能性が高いでしょう。

痛みが徐々に増す場合、手術部位の感染や炎症が原因であることが多いです。インプラント周囲の骨や組織が拒絶反応を起こしている場合や、手術部位が適切に治癒していない場合もあるでしょう。

出血や排膿を伴う

インプラント手術後の出血や排膿は、特に注意しなければなりません。手術直後の軽度の出血は一般的で、通常は数時間から1日以内に自然に止まります。

しかし、手術後数日が経過しても出血が続く場合や、排膿が見られる場合は、手術部位の感染や術後の合併症を疑う必要があるでしょう。

排膿は、特に感染の兆候として重要視されます。排膿の症状がある場合は、迅速に歯科医師に相談しましょう。

感染が進行すると、手術部位の痛みや腫れの増加を引き起こします。最悪の場合、インプラントが顎の骨と適切に結合せず、脱落することもあるでしょう。

インプラント手術後の痛みを軽減する方法

薬を飲む女性

インプラント手術後の痛みを軽減する方法は、以下のとおりです。

痛み止めを服用する

インプラント手術後に痛みが生じたときは、まずは歯科医師から処方された痛み止めを適切に服用しましょう。抗生物質も処方されることが多いので、必ず指示どおりに服用してください。

患部を冷やす

患部が痛む・腫れる場合は、冷やすことで緩和される場合があります。炎症で熱をもっているため、水で濡らしたタオルや解熱シートを利用して冷やしましょう。

ただし、冷やし過ぎると血流が滞り、症状を悪化させる恐れがあります。氷などを使用して冷やすのは控えましょう。

インプラント手術後の注意点

インプラント手術後の注意点イメージ

インプラント手術後は、ふだんどおり生活してよいわけではありません。いくつかの注意点を守って、トラブルが起こらないように過ごしましょう。

インプラント手術後の注意点は、以下のとおりです。

口腔内を清潔に保つ

インプラント手術後の患部を清潔に保つことは、感染を防ぎ、健康的な回復を促進するために非常に重要です。手術直後の数日間は、手術部位を刺激しないように特に注意しましょう。

患部を直接ブラッシングするのは避けなければなりませんが、口腔内は清潔に保たなければなりません。患部周辺は柔らかい歯ブラシで磨く、抗菌作用のある口腔洗浄液を使うなどして、刺激を与えないように洗浄しましょう。

飲酒・喫煙を控える

インプラント手術後の回復期間中は、飲酒や喫煙を控えることが非常に重要です。

アルコールの摂取は血流を増加させ、手術部位の出血を引き起こす可能性があります。アルコールは免疫系に影響を及ぼし、傷の治癒過程を遅らせることもあるでしょう。

喫煙も、傷の治癒を妨げる要因の一つです。喫煙によって血流が減少し、酸素と栄養素が手術部位に十分に供給されなくなるためです。

また、喫煙は口腔内の細菌の増加を促し、感染のリスクを高めます。インプラント手術を成功させるためには、手術前後の一定期間、飲酒と喫煙を避けるべきといえます。

特に、喫煙はインプラントの寿命に大きな影響を与えるため、可能であれば手術前後だけでなく、禁煙を続けたほうがよいでしょう。

激しい運動や入浴を控える

インプラント手術後は、激しい運動や長時間の入浴を控えてください。

激しい運動は血圧を上昇させ、手術部位の出血や腫れを増加させる可能性があります。特に、手術直後の48時間は、運動による身体への負担を最小限に抑えることが重要です。

長時間の入浴は血管を拡張させ、手術部位の腫れを悪化させることがあります。浴槽には浸からず、シャワー浴を行いましょう。

シャワーを浴びる際も、水流が手術部位に直接当たらないように注意が必要です。

まとめ

インプラントの器具イメージ

今回は、インプラント手術後の痛みについて解説しました。

インプラント手術後は痛みや腫れが生じますが、痛み止めを服用すれば緩和されることが多いです。

しかし、感染症による炎症が原因の痛みや、回復過程に異常が発生していることが原因の痛みは、痛み止めでは改善されないでしょう。適切に対処しなければ、問題を悪化させる可能性もあります。

インプラント手術後、強い痛みが続く場合や痛みが悪化する場合は、歯科医院を受診しましょう。

インプラント治療に少しでも興味のある方は、蓮田市にある蓮見歯科医院にお気軽にご相談ください。

蓮見歯科医院に お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
お問合せ
0120-25-2520

〒349-0111 埼玉県蓮田市東5-9-8 いずみやビル4F

「蓮田駅 東口」から徒歩1分


受付時間
 9:30~12:30
14:30~20:00
 14:30~18:00

土曜日午後の診療について 第2・4土曜日 14:30〜17:00 になります。

   [休診日]   木・日・祝

PAGE TOP