• お電話
  • 予約
予約/お問い合わせ

インプラント・矯正/蓮田市の地域の歯医者/土曜診療/蓮見歯科医院

蓮見歯科医院

お気軽にお問い合わせください。WEBからのご予約は24時間受付中!
ご予約
0120-25-2520
お問合せ
0120-25-2520

[月〜水・金] 9:30~12:30 / 14:30~20:00
[第1・3 土] 9:30~12:30/ 14:30~18:00
[第2・4 土] 8:30~12:30/ 14:30~17:00
[休診日] 木・日・祝

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒349-0111 埼玉県蓮田市東5-9-8
いずみやビル4F
「蓮田駅 東口」から徒歩1分

診療について

受付時間 
 [月・火・水・金]
   9:30~12:30
 14:30~20:00
 [第1・3 土]
   9:30~12:30
 14:30〜18:00
 [第2・4 土]
   8:30~12:30
 14:30〜17:00
休診日
木・日・祝

セラミック歯の治療で後悔しないために知っておくべきこと!

2023年8月14日
セラミック歯の治療で後悔しないために知っておくべきこと!

皆さん、こんにちは。蓮田市にある蓮見歯科医院です。

歯型にセラミックの歯を装着する

白くてきれいな歯が手に入ることから人気のセラミック歯ですが「やらなきゃよかった」と後悔する方もいます。

今回は、セラミック歯の治療で後悔しないために知っておくべきことを解説します。セラミック歯の治療を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

セラミック歯の治療で後悔したケース

頭からモヤモヤを出して悩む男性

セラミック歯の治療で後悔したケースを5つご紹介します。

セラミック歯が割れた

セラミック歯は自分の歯と同様の硬さがあるといわれているため、ふだんの食事で割れることはありません。

しかし、セラミック歯は陶器と同じ素材なので、耐久性はあるものの強い衝撃を受けると割れることがあります。セラミック歯に割れるほどの負担をかける主な原因は、以下のとおりです。

  • ・極端に硬いものを噛んだ
  • ・噛み合わせが悪い
  • ・食いしばりや歯ぎしりをする
  •  

極端に硬いものは、ナッツ類や硬いせんべい、パンなどが挙げられます。特に、ものを噛み切る前歯をセラミック歯にした場合、力強く噛み切ることで負荷がかかり、セラミック歯が割れることがあります。

また、左右の噛み合わせの高さが異なる場合やセラミック歯の部分だけ強く当たる場合も、セラミック歯が割れる・欠ける原因になるでしょう。セラミック歯では極力に硬いものを噛むことは避け、噛み合わせが悪いと感じる場合は歯科医院を受診しましょう。

食いしばりや歯ぎしりも、セラミック歯が割れる原因の一つです。私たちは、食事の際にやわらかいものはある程度の力で噛む、硬いものは強く噛むと自然に判断して咀嚼しています。

しかし、無意識で行う食いしばりや歯ぎしりでは力加減をしないので、ふだんの食事の3~5倍ほどの負荷がかかるといわれています。食いしばりや歯ぎしりがある方は、セラミック歯が割れるリスクが高くなるでしょう。

セラミック歯が新たに虫歯になった

セラミック歯には汚れがつきにくい特徴があるため、保険の銀歯に比べると新たに虫歯になりづらいといわれています。

しかし、歯磨きがしっかりとできておらず磨き残しが多い場合や、定期メンテナンスを怠った場合は、セラミック歯が虫歯になることがあるのです。

また、セラミック歯の治療後時間が経つと、接着剤が劣化することでセラミック歯と歯との間にわずかなすき間ができることがあります。人の目には見えないわずかなすき間でも、虫歯菌にとっては絶好の繁殖場所となるでしょう。セラミック歯と歯との間から虫歯になることもあるので、セラミック歯の治療後もケアは欠かせません。

セラミック歯の治療後に痛む

セラミック歯は金属を使用していない素材のため、強度を保つためにセラミック自体を厚くする必要があります。セラミック部分を厚くするということは、治療する自分の歯の削る量が多くなるということです。

神経の近くまで歯を削ることになり、神経に刺激が伝わりやすくなります。そのため、歯がしみる、痛むなどの症状が出ることがあります。セラミック歯の治療後に一時的にしみる・痛む症状が出ても、徐々に症状が治まれば問題ありません。

しかし、強くしみる、ズキズキ痛むなど症状が悪化する場合は、歯科医院を受診しましょう。神経を抜く処置が必要になることもあります。

セラミック歯と歯茎の境目に段差がある

歯茎が出血している状態や赤く腫れている状態で型取りすると、完成したセラミック歯と歯茎の境目に段差ができることがあります。型取りの際の歯茎の腫れが、セラミック歯を装着するときには落ち着いていることが原因です。

セラミック歯と歯茎の境目に段差ができると、見た目が悪いだけでなく、段差に汚れが溜まりやすくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるでしょう。

セラミック歯の治療中は「早くきれいな歯を入れたい」と思う方が多いですが、治療後の見た目の美しさや仕上がりに差が出るので、歯茎が正常な状態で型取りを行いましょう。

セラミック歯の仕上がりに満足できなかった

セラミック歯の色調や形など、治療後の仕上がりに満足できず後悔したケースもあります。患者様と歯科医師のコミュニケーション不足で、理想とする歯のイメージが共有できていないことが原因でしょう。

別のセラミック歯を装着するには、再度歯を削って一度装着したセラミック歯を外さなければなりません。セラミック歯の治療の際は、ご自身でもセラミック歯の色調や形を確認することが大切です。

セラミック歯の治療で後悔しないための対策

笑いながら歯磨きをする女性

セラミック歯の治療で後悔しないための5つの対策をご紹介します。

磨き残しを減らす

セラミック歯を長持ちさせるだけでなくお口の健康も守るためには、毎日の歯磨きが欠かせません。特に、治療したことのない歯に比べると、セラミック歯は虫歯や歯周病のリスクが高いといえます。

セラミック歯が再度虫歯になると「せっかく治療したのに」と後悔するかもしれません。毎日の歯磨きを丁寧に行い、虫歯や歯周病の原因となる磨き残しをできるだけなくしましょう。

歯と歯の間やセラミック歯と歯茎の境目などの磨きにくい部分は、歯間ブラシやフロス、ワンタフトブラシなどを使いましょう。効率的に汚れを除去できます。

定期的に歯科医院でクリーニングを受ける

セラミック歯は汚れが付きにくい特徴がありますが、まったく汚れないわけではありません。また、毎日歯磨きをしていても、磨き残しは生じます。

定期的に歯科医院に通い、プロによるクリーニングを受けることが大切です。定期検診では、全体的な噛み合わせのチェックや虫歯や歯周病の有無、セラミック歯にトラブルが起きていないかどうかも確認してもらえます。

セラミック歯を長持ちさせるためには、定期的な歯科医院でのメンテナンスが欠かせません。

自分の目で確認して治療を進める

セラミック歯の仕上がりに後悔しないためには、セラミック歯の形や色、噛み合わせなど、自分で確認して治療を進めることが重要です。歯科治療は歯科医師の主導で行われますが、患者様の希望に沿っていなければ意味がありません。

特に、セラミック歯の見た目に関しては鏡をみて確認し、要望がある場合はその都度歯科医師に伝えてください。全体的に歯を白くしたい場合、セラミック歯だけを白くするのではなく、周りの歯をホワイトニングしてから治療を受けるとよいでしょう。

就寝時にマウスピースを使用する

食いしばりや歯ぎしりがある方は、就寝時にマウスピースを使用しましょう。マウスピースを使用することで、上下の歯が強く接触することを防げます。セラミック歯にかかる負担を低減できるでしょう。

食いしばりや歯ぎしりは、眠りが浅いときに行われるといわれています。眠りが浅くなる原因としては、ストレス、飲酒、寝るときの姿勢などが挙げられます。

マウスピースの装着だけでなく、日頃からストレスの発散を心がけましょう。生活習慣を改善するなど、就寝環境を整えることも意識してください。

セラミック歯の種類を変更する

セラミック歯が割れた場合は、丈夫な種類のセラミック歯に変更することを検討してもよいでしょう。

天然歯よりも硬いといわれるジルコニアは、欠ける・割れることが少ないです。噛み合わせが強い方、食いしばりや歯ぎしりをする方、負担がかかりやすい奥歯のセラミック歯が割れた方は、ジルコニアへの変更を検討するとよいでしょう。

セラミック歯の治療をおすすめしない方

腕を組んで嫌な顔をする女性

セラミック歯は自分の歯のような美しさが手に入るため、保険の銀歯や前装冠(白い被せ物)よりも審美性が優れているといえます。また、汚れを寄せ付けない特徴もあるため、着色汚れもつきにくく、虫歯になりにくいのがメリットです。

しかし、セラミック歯には向き不向きがあるため、以下に当てはまる方にはおすすめできません。

  • ・食いしばりや歯ぎしりをする方
  • ・見た目をよくするためだけにセラミック歯にしたい方
  • ・矯正治療とセラミック歯を迷っている方

 

セラミック歯は丈夫な素材ですが衝撃に弱いため、過大な負担がかかると割れることがあります。ふだんから歯ぎしりや食いしばりをしている自覚がある方は、オールセラミック(セラミックのみで作られた素材)ではなく、セラミック歯のなかでも一番強度のあるジルコニアを選択するとよいでしょう。

セラミック歯は、保険の補綴物よりも機能的にも審美的にも優れているといえます。プラスチックの詰め物の変色が気になる、被せ物の見た目に不満があるなど、補綴物を変更したい場合などにはセラミック歯が適しているといえるでしょう。

しかし、セラミック歯は強度を保つために厚く作る必要があるため、自分の歯を削る量が多くなります。見た目をよくするためだけに、セラミック歯を検討している方には適していないでしょう。

セラミック矯正という言葉がありますが、セラミック矯正は矯正治療のように歯を動かして歯並びを整える治療ではありません。歯を削って美しいとされる歯の向きにセラミック歯を装着する治療法です。

特に、出っ歯の場合はセラミック矯正は向いていません。削って引っ込められる歯の距離には限度があるからです。セラミック歯ではなく矯正治療のほうが仕上がりがきれいなうえ、健康な歯を削る必要もありません。

安心して治療を受けられる歯科医院の選び方

歯科医院で説明を受ける女性患者

セラミック歯を後悔しないためには、治療を受ける歯科医院選びが大切です。安心して治療を受けられる歯科医院の選び方を解説します。

治療実績が豊富である

セラミック歯を含めた歯科治療は、歯の削り方や補綴物を作る技術によって仕上がりに差が出ます。セラミック歯の治療を受ける場合は、治療実績が豊富な歯科医院を選ぶとよいでしょう。

気になる歯科医院がある場合、ホームページにセラミック歯の治療内容について詳しく書かれているか、症例を載せているかなどを事前にチェックしてください。

デメリットの説明がある

セラミック歯の治療前には、カウンセリングや治療内容の説明を行います。セラミック歯のメリットだけでなく、治療後に起こりうるリスクやデメリットの説明もしてくれる歯科医院を選びましょう。

セラミック歯は保険適応ではないため、費用が高くなります。払った費用に見合う仕上がりにならなければ、セラミック歯を後悔することになるでしょう。

セラミック歯を後悔しないために、治療前に疑問点や不安なことがあれば相談し、治療内容に納得してから治療を始めましょう。

まとめ

美しい白い歯を見せて笑う女性

白くてきれいな歯が手に入ることから人気のセラミック歯ですが、後悔する方もいます。セラミック歯を後悔しないためには、歯磨きやメンテナンスなどのケアが欠かせません。食いしばりや歯ぎしりがある場合は、硬い素材に変更する、マウスピースを装着するなど、セラミック歯への負担を軽減してください。

歯科医師の判断に任せず、自分の目で見て確認して治療を進めることで、満足できるセラミック歯に仕上がるでしょう。安心して治療を受けられる歯科医院なのか見極めることも大切です。

セラミック歯に少しでも興味のある方は、蓮田市にある蓮見歯科医院にお気軽にご相談ください。

 

蓮見歯科医院に お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
お問合せ
0120-25-2520

〒349-0111 埼玉県蓮田市東5-9-8 いずみやビル4F

「蓮田駅 東口」から徒歩1分


受付時間
 9:30~12:30
14:30~20:00
 14:30~18:00

土曜日午後の診療について 第2・4土曜日 14:30〜17:00 になります。

   [休診日]   木・日・祝

PAGE TOP